結婚内祝いとは?誰に贈る?

内祝いとは、もともとは家庭内でおめでたい事があったときに幸せのおすそわけとして贈る贈り物のことでしたが、最近ではお祝いを頂いたお返しという意味で使われています。
結婚内祝いは、披露宴で出席者に渡す引き出物に代わるもので、結婚のお祝いを頂いたけど結婚式に出席できなかった方にお贈りします。披露宴に出席してくれたゲストのなかでも、頂いたご祝儀に対しての引き出物の金額が不十分だった場合に内祝いを贈ることもあります。
内祝いの金額の相場は頂いた額の3分の1~半額程度とされています。なにを贈ればいいか悩んでしまいますが、喜んでもらえるものが一番です。贈る相手の好きなものや、家族構成を考えながら選ぶといいでしょう。

贈るタイミングは?直接渡さないとダメ?

結婚のお祝いは挙式日の2ヶ月前~1週間前にいただくことがほとんどだと思います。お祝いを頂いたらまずはすぐにお礼を伝えましょう。 内祝いは挙式後1ヶ月以内に贈るのががマナーとされています。お祝いを頂いてから少し期間が空いてしまうので、式の準備でバタバタしていて内祝いを贈るのを忘れてしまう可能性がありますが、お祝いを頂いたらその都度リストに書き込んでおくと贈り漏れがおこることがなく安心です。引き出物選びの際に内祝いも選んでおくと、挙式後すぐに贈ることができますね。 また内祝いを贈る際は直接渡すのがいいとされていますが、遠方などで直接渡すのが難しい場合はお礼状をつけて郵送しても大丈夫です。その際は無事に挙式を終えられたことの報告として写真を添えたりすると喜ばれるでしょう。