のしの種類はマナーの基本

のしは用途によって使うものが決められています。まず、大きく分けて慶事用の紅白のしと弔事用の白黒のしがあります。慶事用ののしはさらに細かく分けられます。結び切りと蝶結びです。結び切りは、ほどけにくい結び方のため一度きりのお祝いごとに使用します。離婚や再婚が一般的になりつつある現代ですが、昔は結婚は一度きりがよいとされていました。そのため、結婚のお祝い・内祝いは結び切りで贈ります。 蝶結びは簡単にほどけるので、何度あってもうれしいお祝いごとに使用します。基本的にお祝いは何度あってもうれしいものですので、一般的には蝶結びを使うことが多いです。出産のお祝い・内祝いも、子孫繁栄という意味が込められているので蝶結びを使用します。のしに込められた意味を理解することで、正しいのしの使い方ができるようになります。

出産内祝いののしの書き方

出産祝いをもらったら、内祝いを贈りましょう。内祝いののしは、無事に子供が産まれたことの報告も兼ねています。そのため、のしには子供の名前を書きます。苗字は書かず、名前のみにするのが一般的です。最近では読み方がわかりづらい名前もありますので、ふりがなをつけると喜ばれます。最近ではかわいらしいデザインや色や形にこだわらないおしゃれなのしも増えていますので、兄弟や親しい友人への贈り物で使用するのはよいと思います。しかし、年配の方は斬新なのしを好まない傾向がありますので、特に親戚などへの内祝いには紅白蝶結びののしが無難です。贈り物を購入する際にお店でのしを印刷してくれる場合もありますし、せっかく両親が考えて付けた名前ですから、手書きで用意するのもよいでしょう。