結婚内祝いは何のために贈るのか

結婚すると親族や知人から多くのお祝いをもらう場合が多いですが、そのようにお祝いの品をくれた人々にお返しとして贈るのが結婚内祝いです。この内祝いというのは、慶事があった際にその喜びや幸せを身近な人々と共有するために目に見える形で贈り物をしていたという慣習が起源になっています。そのため、結婚だけでなく、出産や進学時にも内祝いを贈るケースが少なくありません。もともとはお祝いの品をもらったかどうかにかかわらず内祝いを贈っていたのですが、現在ではそれが形を変えて返礼品としての色彩が強くなってきています。もっとも、幸せを分かち合うという本来の意味が失われたわけではありませんので、なるべく相手に喜んでもらえる物を贈るようにするとよいでしょう。

金額の目安はあるのか?

内祝いの品は相手が喜んでもらえる物であればある意味何でもよいのですが、だからといって安いものでも良いというわけではありません。一般的には内祝いはもらった贈り物の半額程度のものを贈るのがマナーとされていますので、そこから大きくかけ離れてしまうと礼儀作法を知らない人間であるというイメージを与えかねないのです。これは結婚内祝いの場合も同様ですので、例えば3万円相当のお祝いの品をもらった場合には、その半分の1万5,000円程度のものを贈るようにするとよいでしょう。ただし、相手が自分よりも目上の人である場合には、それよりも少し高めのものを贈った方がよいかもしれません。ある程度金額が目安から上下する分には特に問題はないのです。