本来の内祝いとはどんなのもなの?

無事に出産し、子供が生まれたら、仲人、親戚、親しい友人・知人に出産の通知を出しましょう。また、お祝いをいただいた方以外の人で、何かと気遣いいただいた方にも、通知をします。郵便局で売っている出産通知用の手紙・はがきや、市販の出産通知用のカードなどに、出産の日時や子供の性別、出産時の体重、フリガナをつけた子供の名前などを書いて出します。出産の通知を出す時期は、母子ともに体調が落ち着き、生活のリズムも安定してくる、出産後1~2か月が良いでしょう。本来の内祝いは、無事な出産を知らせるべき人たちすべてに、お宮参りの日に、赤飯や餅を配るものでしたが、現在の内祝いは、出産祝いをいただいた方に、お返しの品を送るのが一般的になっています。

お祝い返し(出産内祝い)はどんなものを送れば良いの?

出産に際して、お祝いをいただいた方には出産通知は出さず、いただいたお祝いの品の3分の1から2分の1の金額を目安に、出産内祝いとして、お祝い返しをします。いただいてから1か月以内に、砂糖やタオル、かつお節などの実用品を贈るのが無難です。 最近は大手百貨店のベビー用品コーナーなどで、子供の名前が入れられる内祝いセットが市販されていますので、それらを利用するのも良いでしょう。ベビー用品コーナーに依頼すれば、経験豊かな店員さんが、いろいろアドバイスをしてくれて、品定め、水引、熨斗紙、名入れから郵送まで、一手に引き受けてくれますので、安心してまかせることができます。お祝い返しの品には、紅白蝶結びの水引をかけ、熨斗紙は「出産内祝い」とし、送り主は子供にします。名前には、フリガナを書くことを忘れないようにしましょう。