結婚内祝いのマナー

結婚内祝いを贈る際には、知っておきたいマナーがあります。結婚内祝いを贈るタイミングや金額の目安について詳しく紹介します。はじめて結婚内祝いを贈る際には、戸惑うこともあるかもしれませんが、基本を知っておくと安心ですね。

挙式後1ヶ月以内が基本

内祝いとは、もともとは家庭内でおめでたい事があったときに幸せのおすそわけとして贈る贈り物のことでしたが、最近ではお祝いを頂いたお返しという意味で使われています。結婚内祝いは、披露宴で出席者に渡す引…

内祝いの金額の目安とは

結婚すると親族や知人から多くのお祝いをもらう場合が多いですが、そのようにお祝いの品をくれた人々にお返しとして贈るのが結婚内祝いです。この内祝いというのは、慶事があった際にその喜びや幸せを身近な人々…

結婚内祝いで喜ばれる品物

結婚内祝いは、結婚披露宴に招待できなかったり、事情があって欠席された方からお祝いをいただいた場合に贈るのが一般的です。品物を選ぶ基準としては、「誰からも喜ばれる、置き場所に困らないもの」が基本です…

出産内祝いのマナー

出産内祝いにも特有のマナーがあることを知っていますか。出産祝いを貰ってどうすればよいかわからないという人のために、出産内祝いのマナーについて注意すべき点を解説します。マナーを守り、気持ちよく感謝の気持を伝えることができれば良いですね。

お礼状を添えること

出産祝いをいただいたら、お礼状と、内祝いの品物を贈るのがマナーです。本来、お礼状は内祝いの品とは別送するものでした。近年は内祝いの品物に添えてお礼状を同送する場合も増えてきていますが、目上の方に対…

内祝いの金額は3分の1から2分の1

無事に出産し、子供が生まれたら、仲人、親戚、親しい友人・知人に出産の通知を出しましょう。また、お祝いをいただいた方以外の人で、何かと気遣いいただいた方にも、通知をします。郵便局で売っている出産通知…

知っておきたい!のし紙のマナー

のしは用途によって使うものが決められています。まず、大きく分けて慶事用の紅白のしと弔事用の白黒のしがあります。慶事用ののしはさらに細かく分けられます。結び切りと蝶結びです。結び切りは、ほどけにくい…